空き家活用法

おすすめ空き家活用法

空き家活用にはいろいろなケースが考えられますが、ここではそのうち社会的にも重要な意義のある、注目の活用法をご紹介します。

障がい者グループホームとして活用

障害者総合支援法に基づく、共同生活支援施設です。障がいのある方が地域の中で共同生活を行います。障がい者グループホーム(岡田行政書士事務所)

サービス付き高齢者住宅として活用(登録手続きはおまかせ)

国土交通省と厚生労働省共管による、高齢者のためのサービス付き住宅という制度があります。空き家をこの施設にすることを国も推奨しています。

サービス付き高齢者住宅(岡田行政書士事務所)

民泊として活用(許可・認定はおまかせ)

外国人の宿泊需要の増加に伴い、既存のホテル・旅館ではなく民家を活用した民泊という制度が注目を浴びています。空き家活用の有効な手段と考えられます。

民泊プラザ(専用サイト)

シェアハウスとして活用

一つの住宅に複数の人々が共同で生活するスタイルがシェアハウスです。従来の賃貸住宅とは異なる、空き家を活用した新しい取り組みとして注目されています。

住宅確保要配慮者住宅として活用(登録手続きはおまかせ)

住宅探しに困ってる人のための制度です。空き家投資のスタートにはぴったりです。

住宅確保要配慮者住宅とは